7月の王滝小中学校の様子です

コミュニティルームに、素敵な絵手紙を展示しています。「私もこんな絵手紙作れたらいいな!」と思います。ぜひ見に来てください!

 

楽しいプールの時間です。みんな大はしゃぎで、水の感触を味わっています。

 

読み聞かせをしています。先生の迫真の読みに、思わず体が絵本に引き寄せられる子どもたちです。

 

参観日の日、中学校では進路講話がありました。蘇南高等学校と青峰高等学校の教頭先生にお話をいただきました。進路選択が間近に迫る中、真剣な表情で話しを聞く生徒です。

 

同じく参観日に、救命救急法の講習会がありました。生徒も保護者も先生も地域の方も、一生懸命「命の救い方」を学びました。

 

保護している猫の飼い主さんが見つかるように、ブログに記事を書く子どもの様子です。言われてやっているのではなく、自分から「やらせてほしい」と言い、職員室に来ました。真剣です。

 

夏休みのボランティアについて、社協の方にお話をいただきました。お弁当配りや花の水やり、絵手紙づくり等、様々なボランティアを紹介していただき、早速近くの友だちと「これやりたいね!」と話す子どもたちでした。

 

保護している猫の飼い主さんを探す記事を書いた子どもが「新聞社にもお願いできないかな」と自分から新聞社に電話をかけ、記事にしてもらうことが叶った場面です。子どもの主体的な姿には驚かされます。

 

オンラインによる御前崎中との交流をしている中学校1年生の様子です。自分たちで考えた内容(クイズや自己紹介等)で盛り上がる王滝中学校、御前崎中学校の両校でした。

 

小学生も中学生も先生も一緒になって楽しんだドッジボールの様子です。中学生以上は利き手の反対の手で投げます。みんな全力で手加減なし!盛り上がりました。

 

コミュニティルームに村の未来を真剣に考えている若者が来てくれました。熱く王滝村に対する思いを語っていました。8月末からスタートする「Miraiカフェ」にも、ぜひ来て語ってほしいです。

 

オンラインによる御前崎中学校との交流をしている中学校2年生の様子です。8月末の交流の内容を、具体的な計画案を提案しあいながら、真剣に話し合っています。区切りとなる今回の交流を大事に考える両校の思いが伝わってきました。

 

新しい飼い主さんが見つかりました。自分にできることを見つけ、一生懸命飼い主さんを探してきた取組が、実を結びました。やっぱり子どもたちはすごい!

 

木曽町中学校の1年生が、王滝小中学校に来ました。王滝中学校の1年生生徒が、丁寧に校舎内を案内しました。やっぱり人が多いですね!

 

木曽町中学校との交流の最後は、ドッジボールをしました。男子対女子で、両校が協力して対戦しました。結果、女子の勝ち! 王滝中学校の2人も活躍しました!

 

1学期の終業式の様子です。代表児童生徒が、1学期の振り返りを発表しました。自分の成長、もっと頑張りたいことを、大きな声で発表する姿から、充実した1学期であったことが伝わってきました。

長い夏休みが終わると、2学期がスタートします。どんな2学期が待っているか、今から楽しみですね。