温かな思いでつながる学校(職場)・家庭・地域を目指して~わくわく人権みんなの樹業~(全校)

2月24日(水)朝の時間の「わくわく人権みんなの樹業」(地域ぐるみで人権を考える学習)では、新型コロナ感染者へ心無い言葉が投げかけられていることについて、小学生・中学生・職員・地域の方がグループに分かれて自分の考えを伝え合いました。また、1時間目には、人権擁護委員の方から、「シトラスリボン運動」(感染者への差別や偏見をなくし、安心して暮せる学校(職場)・家庭・地域を目指す活動)について教わりました。そして、村教育委員会の方や村の人権擁護委員さんに教わりながらシトラスリボンをつくりました。相手のつらさを理解し、やさしい思いで人々が助け合い、励まし合う、王滝小中学校・王滝村でありたいと思いました。今年度の「わくわく人権みんなの樹業」は今回が最終でした。子どもと大人が一緒に考え合うすてきな樹業でした。樹業を推進してくださった村教育委員会の皆様、樹業に協力・参加いただいた地域の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

2月24日今日の給食

【今日の給食】

ごはん じゃが丸くん 磯マヨあえ ABCスープ 青りんごゼリー 牛乳

今日は小学3年生の希望献立でした。3年生は今まで出た給食の中で、おいしいと思ったものを選んで組み合わせました。じゃが丸くんの中がホクホクしているところ、ABCスープのABCのマカロニがおいしいところ、青りんごゼリーの緑色がきれいなところがお気に入りだそうです。3人が一生懸命考えた献立、おいしくいただきました!