「おへそのひみつ」を学習しました(小3)

2月8日(月)4校時 小3年生は、養護教諭による性教育の授業を行いました。「おへそのひみつを考えよう」をテーマに、お母さんと赤ちゃんがへその緒でつながっていることなど、絵や絵本やお母さんからのお手紙などから学習しました。事前にお母さんからお手紙をお願いしました。読んでいる子ども達はじっと手紙を見つめ、お母さんの思いを考えていました。(ご協力いただきましたことに感謝いたします。) おへそが何のためにあるのか、お母さんとつながり命が育まれていた跡を知り、おへそがとっても大事なものだと学んだ3年生でした。(なお、この授業は一公開授業として、職員の研修としても実施しました。)

2月8日今日の給食

【今日の給食】

ごはん 豆腐田楽 梅サラダ 雪原汁 ぽんかん 牛乳

2月8日、今日は「針供養」です。針供養とは、折れ曲がったり、さびなどによって使えなくなった針を供養し、近くに神社に納める行事です。豆腐やこんにゃくのように、柔らかいものに刺すことで、針を休め、敬います。今日は針供養にちなんで、豆腐を田楽にしました。甘めのみそだれで食べやすくなっています。

王滝弁での読み聞かせ(全校)

2月8日(月)昨日の夜から朝方にかけて雪が降りました。午前中には青空が見えて、きれいな雪景色でした。

朝の時間 小学校ホールで読み聞かせ会がありました。王滝村の昔話「もるぞ」と「三匹のこぶた」を王滝弁で読み聞かせしてくださいました。王滝に残る王滝弁を聴く貴重な機会にもなりました。今年度の読み聞かせは今回が最後となります。1年間、子ども達のために読み聞かせをしてくださった読み聞かせボランティアの皆様、ありがとうございました。